めぐろ商品券アプリ(ユーザー)利用規約

本利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、目黒区商店街連合会(以下、総称して「当社」といいます。)が、株式会社ユニオン・テクノロジーがエバーコネクト株式会社の提供する技術を使用し開発したデジタル商品券のアプリケーションを利用し提供するめぐろ商品券アプリサービス(以下、総称して「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。ユーザーの皆さま(以下、「ユーザー」といいます。)は、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。
ユーザーは、本サービスをご利用頂いた場合、本規約の内容を理解しており、かつ、本規約の全ての条項について承諾したものとみなされますので、ご了承ください。

第1条(定義)

  • 1.「ユーザー」とは、本サービスに利用登録をし、事業者からの商品情報の提供を受け、事業者の提供する商品券の購入や利用を行う個人をいいます。
  • 2.「事業者」とは、当社の指定する手続きに基づき、本サービスに関する規約を承諾し、当社所定の審査を通過した上、本サービス上で、商品情報の提供や商品券の発行を行う事業者のことを指します。
  • 3.「連携事業者」とは、本サービスと連携する外部サービスを提供する事業者をいいます。
  • 4.「投稿コンテンツ」とは、事業者やユーザーが本サービスを利用して投稿その他送信する一切の情報(文章、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。)を意味します。
  • 5.「本アプリ」とは、当社が提供する「めぐろ商品券アプリ」をいいます。
  • 6.「本サービス」とは、当社が、本アプリとめぐろ商品券アプリに関するサービスサイト(以下「当社WEBサイト」といいます)において、又は当社WEBサイトを使用して、ユーザーに対して提供するサービスを指します。
  • 7.「営業日」とは、土曜日、日曜日、国民の祝日(国民の祝日に関する法律に規定される国民の祝日をいう。)及び当社の休業日を除いた日をいいます。

第2条(適用)

  • 1. 本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  • 2. 当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)を定めることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
  • 3. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。
  • 4. 当社は、必要と判断した場合、ユーザーに通知することなくいつでも本規約及び個別規定を変更することができるものとします。なお、ユーザーが、本規約の変更後、本サービスを利用した場合、変更後の規約に同意したものとみなします。
  • 5. 本規約の変更ならびに個別規定の制定および変更は、当社が本アプリ又は当社WEBサイト上で公表した時点またはユーザーに通知した時点のいずれか早いときから、本規約の一部を構成し効力を持ちます。

第3条(利用登録)

  • 1. 本サービスでは、登録希望者(以下、登録希望者を含めて「ユーザー」と呼称します。)が本規約に同意の上、当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。なお、ユーザーは、本規約の内容を承諾のうえ、申込みを行うものとし、ユーザーが申込みを行った時点で、当社は、ユーザーが本規約の内容を承諾しているものとみなします。
  • 2. ユーザーは、前項の利用登録を行う際、登録情報を虚偽なく正確に入力し、申込事項につき変更する事由が生じた場合、常に最新の情報となるよう当社指定の方法にて修正をするものとします。なお、メールアドレスは日常的に利用し、受信内容を日常的に確認できるものを利用するものとします。
  • 3. 当社は、ユーザーについて以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
    • (1) 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
    • (2) 本規約に定める禁止事項に違反する場合
    • (3) 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
    • (4) ユーザーが、当社、他のユーザー又は事業者との意思疎通が困難と認められる場合
    • (5) 申込者が未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人であり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    • (6) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • (7) その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第4条(利用環境等)

  • 1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたって必要な通信環境、ハードウェア及びソフトウェアを自己の責任と費用負担によって準備し、本サービスを利用するものとします。なお、本サービスの利用に伴う通信費用は、ユーザーの負担となります。
  • 2. ユーザーは、投稿コンテンツ等については、自らの責任で同一のデータ等をバックアップとして保存しておくものとし、当社は、かかるデータ等の保管、保存、バックアップ等に関して、一切責任を負わないものとします。

第5条(売買契約の締結・決済)

  • 1. 本サービス上に掲載される事業者や商品情報の投稿コンテンツは、事業者が提供する情報であり、当社が提供する情報ではありません。
  • 2. ユーザーは、本サービス及び当社ウェブサイトに掲載される決済方法その他の利用条件に従い、事業者との間で、商品券に関する売買契約を締結し、連携事業者が提供するサービスを利用して売買代金の決済をすることができます。
  • 3. 事業者とユーザーによる商品券に関する売買契約は、商品券に係る売買代金の支払手続完了をもって成立するものとします。原則として、支払手続完了後は、商品券の売買契約を解除することはできないものとします。
  • 4. 商品券は、支払手続完了毎に1つのチケットとして発行されます。そのため、複数のメニューを別個のチケットとして発行するためには、それぞれ支払手続をして頂くことが必要となりますので、ご注意下さい。
  • 5. 本サービスを通じて発行できる商品券は、資金決済に関する法律に基づき原則として有効期間が6ヶ月を下回るものに限定されるものとし、有効期限経過後は利用ができませんので、予めご了承ください。
  • 6. 事業者の発行する商品券の売買契約については、返品キャンセルができないものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  • 7. ユーザーは、本サービスを通じて商品券を購入した場合、商品券を購入したのちに対象となる事業者の店舗が閉店などしたことにより、商品券の行使ができなくなったとしても、商品券に係る売買代金等の返還を請求できないことを予め了承するものとします。なお、当社は、一切の返金対応をしないものとします。

第6条(料金とお支払い方法)

  • 1. ユーザーは、本規約や当社所定の手続に従い、連携事業者(ストライプジャパン株式会社)の提供するクレジットカード決済とコンビニ支払いの方法により、事業者が定めた商品券の売買代金を支払うことができます(なお、売買代金には消費税相当額を含みます。)。なお、当社は、事業者より、商品券に係る売買代金を事業者に代わってユーザーもしくはストライプジャパンから収納することを委託されています。
  • 2. クレジットカード決済に利用するクレジットカードはユーザー本人の名義で発行されたものに限るものとします。
  • 3. クレジットカードの利用について、ユーザーはクレジットカード会社等が定める条件に従うものとします。
  • 4. ユーザーは、売買代金の決済のため、有効に支払いができるクレジットカード情報を登録するものとします。ユーザーは、決済日において、クレジットカードが有効であることが確認されなかった場合、3日以内に有効なクレジットカード情報に更新するものとします。
  • 5. クレジットカードが有効であることが確認できなかった場合、売買代金の支払いをすることができません。

第7条(対象サービスの中止・変更等)

  • 1. 事業者の事情により、商品券に係る売買契約の解約をされた場合であっても、当社は解約の事実を告知する義務を負わず、また、商品券の売買契約の履行に関していかなる責任も負いません。
  • 2. 事業者が当社所定の方法で解約処理を行った場合、事業者は、連携事業者を通じて、商品券の売買代金の払戻しを各クレジットカード会社等を通して所定の方法で実施します。
  • 3. ユーザーが自らの都合により商品券売買契約の解約する場合、当社所定の方法により画面の指示に従って商品券の売買契約の解約手続を行ってください。ユーザーが当社所定の方法で売買契約の解約処理を行い、かつ、解約操作をする日時が売買契約を締結した事業者が掲載する「特定商取引法に基づく表記」内にある「キャンセルについての特約事項」においてキャンセル可能な日時の範囲に含まれる場合に限り、事業者は、連携事業者を通じて、売買代金の払戻しを各クレジットカード会社等を通して所定の方法で実施します。なお、キャンセル可能な日時を過ぎた場合やキャンセル不可の場合、ユーザーはキャンセル手続を行うことはできません。
  • 4. クレジットカードの利用に関連して、ユーザーと事業者又はクレジットカード会社等との間で何らかの紛争が発生した場合は、ユーザーと事業者又はクレジットカード会社等との間で責任をもって解決するものとします。
  • 5. 当社は、ユーザーの責めに帰すべき事由(利用登録時のメールアドレス又は電話番号等の連絡先の入力ミス、及び、当社又は事業者からの連絡等を受領しないこと等を含みます。)により、ユーザーに発生する一切の損害等(返金を受けられなかったこと等を含みますが、これらに限られません。)について、いかなる責任も負いません。

第8条(注意事項)

  • 1. ユーザーは、アカウント登録に必要なID、パスワード及び復元パスフレーズをユーザー自身の責任によって管理するものとします。
  • 2. ユーザーは、ID、パスワード及び復元パスフレーズを第三者に利用されないよう、容易に推測できないパスワードを設定し、ユーザー本人が責任をもって管理するものとします。
  • 3. 当社は、入力されたID、パスワード及び復元パスフレーズが利用登録された情報と一致することを確認した場合、アカウントのユーザー本人による利用があったものとみなし、万一それらが盗用、不正使用その他の事情によりユーザー本人以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害等について、ユーザーの故意又は過失の有無を問わず、一切の責任を負いません。
  • 4. ユーザー本人以外のパスワード不正使用等の行為により当社又は第三者に損害が生じた場合、ユーザーは、当社及び第三者に対して、損害を賠償するものとします。
  • 5. 満18歳未満の方は、親権者の同意なく、本サービスを利用することはできません。
  • 6. 本サービスは、日本国内に向けて提供されるものであり、当社は、ユーザーが本サービスを日本国外で利用したことに関連して生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(譲渡禁止)

ユーザーは、第三者にそのユーザーID及びパスワード、本規約その他申込書等に基づきユーザーと当社との間に締結される契約における地位及び権利・義務について、当社の書面による承諾のない限り、利用許可・譲渡・売買・貸与・承継・担保設定、その他の処分をすることは禁止されます。

第10条(禁止事項)

  • 1. 本サービスの利用について、ユーザーの故意又は過失を問わず、以下の各号に該当すると当社が判断する行為を禁止します。当社は、ユーザーが禁止行為を行った場合は、事前の告知なく該当箇所の削除や本サービスの利用停止、ユーザーの資格の剥奪、投稿コンテンツの削除、その他必要と認められる措置を事前の通知なく当社の裁量によって実施するものとし、当社は、その理由について一切開示義務を負いません。
    • (1) 法令に違反する行為
    • (2) 犯罪行為に関連する行為
    • (3) 当社、他のユーザー、または事業者、その他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
    • (4) 当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
    • (5) 不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
    • (6) 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
    • (7) 他のユーザーに成りすます行為
    • (8) 当社のサービスに関連して、反社会的勢力等に対して直接または間接に利益を供与する行為
    • (9) 当社、本サービスの他のユーザーまたは事業者、第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
    • (10) 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿または送信する行為
    • (11) 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のユーザーや事業者などに対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
    • (12) ねずみ講、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、チェーンメール送信又はこれらに類する行為
    • (13) 本サービスとは関連性がない又は関連性が著しく小さいと当社がその裁量により判断する団体やサービス
    • (14) 宣伝・告知・勧誘・アクセス数向上等を目的とする複数回の投稿又は発信行為(スパム、マルチポスト等)
    • (15) 本サービスを介さずに直接取引をし、勧誘する行為
    • (16) 本サービスを利用して、営利目的でユーザーを他のウェブサイトに誘導する行為
    • (17) 政治活動及び宗教活動
    • (18) クレジットカード利用枠の現金化を目的とした行為
    • (19) 本サービスの二次利用、複製行為及びこれらを目的とする行為
    • (20) 法令又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為又はこれらを助長する行為
    • (21) セクシャルハラスメント、ストーキング、その他第三者に対する嫌がらせ行為
    • (22) 本サービスの趣旨に沿わない利用や必要以上繰り返される問合せ等の営業妨害行為
    • (23) 適法でない又は適法か否かについて判断がつきにくい医療行為
    • (24) 詐欺、規制薬物の濫用、マネーロンダリング等の犯罪に結びつく又は結びつくおそれのある行為
    • (25) 法律で義務付けられている免許、資格条件を満たしていない場合
    • (26) 架空取引(自分との取引又は取引があるかのように第三者と通謀する行為等)を行う行為
    • (27) 公序良俗に反する行為及び公序良俗に反する事項や表現を記載する行為
    • (28) 性的な内容又は性的な内容を暗黙的に示唆する表現を記載する行為
    • (29) 芸術性の有無に関わらず、露出度の高い画像の投稿行為
    • (30) グロテスク・暴力的な表現の投稿行為
    • (31) 未成年者の人格形成等に悪影響を与えると当社がその裁量により判断する行為
    • (32) 他のユーザーが不快と感じる表現の投稿行為
    • (33) 当社の裁量により不適切と認める表現・投稿・書込行為
    • (34) 本サービスに関する契約上の地位・権利・義務の第三者への譲渡、共有、交換行為
    • (35) 本サービスの利用停止、アカウント登録抹消された者が、再度、本サービスを利用、アカウント登録を試みる行為
    • (36) Stripeサービス契約に違反する行為
    • (37) その他、当社が不適切と判断する行為
  • 2. 当社は、当社の権利・財産やサービス等の保護、又は第三者の生命、身体もしくは財産の保護等の目的から差し迫った必要があると判断した場合、必要な範囲内で投稿コンテンツその他ユーザーが提供した情報を裁判所や警察等の公的機関に開示・提供することができるものとします。

第11条(個人情報)

  • 1. ユーザーは、本サービスに関連して当社が知り得たユーザーの個人情報を当社のプライバシーポリシー(「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱い」を含みます。)(以下「本ポリシー」といいます。)及び本規約に従って取り扱うことにつき同意するものとします。
  • 2. 当社は、本サービスを提供する上でユーザーにとって必要な情報を、ユーザーに対し、電子メール、郵便、電話等によって連絡をすることができるものとします。
  • 3. 当社は、ユーザーに対し、本サービスに関する連絡・広告・宣伝等のメールを配信することがあります。
  • 4. ユーザーは、個人情報を適切に管理し、第三者による盗取・漏洩等の発生防止の措置を講じ、法令を遵守するものとします。

第12条(保証の否認及び免責)

  • 1. 内容の妥当性についての非保証
    • (1) 本サービスは、ユーザーと事業者との情報交換を可能にし、事業者とユーザーとの間における商品券の売買契約の締結が円滑になされるようにするためのプラットフォームサービスであり、本サービスにて提供される情報に関する正確性・信頼性・安全性・適法性・道徳性・最新性・有用性・適合性・完全性・妥当性、本サービスの利用によりユーザーの希望が満たされるかの担保に関し、当社はいかなる責任も負いません。
    • (2) 本サービス内には本サービス以外の他のサイトへのリンクが含まれる場合があります。当社は、リンク先のサイトや他のサイトで得られる情報について、いかなる責任も負いません。
    • (3) 当社は、本サービスを通じ、事業者によって掲載されたコンテンツ・広告の内容について、一切の責任を負わないものとし、コンテンツ・広告に関する紛争に起因してユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
    • (4) ユーザーが本サービスを利用することが、ユーザーの所属する組織や業界団体の内部規定に違反するか否かは、ユーザーが自らの責任と費用で調査、判断するものとし、当社はユーザーの本サービスの利用にかかる違反が存在しないことを保証しません。
    • (5) ユーザーは、事業者の利用に伴うリスクを双方の当事者が十分に理解した上で自己の責任で商品券の売買契約の締結を行うものとします。当社は、物品・金銭の紛失や不快に感じる行為、その他公序良俗に違反する行為や不法行為が発生した場合も、その損害や不利益について、いかなる賠償責任も負いません。
    • (6) 当社は、本サービスを利用するユーザーに対して適宜情報提供(例えば、おすすめやアドバイス等)をすることがありますが、これらの内容の有用性・妥当性・正確性を保証するものではなく、これらに従った結果について、いかなる責任も負いません。
  • 2. システムについての非保証
    • (1) 当社は、ユーザーが使用する機器、設備又はソフトウェアが本サービスの利用に適さない場合であっても、本サービスにかかるシステムの改変、修正を行う義務を負いません。
    • (2) 当社は、本サービス、当社WEBサイト並びに本サービスに関連して当社から送られる電子メール及びコンテンツに、コンピューターウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しません。
    • (3) 当社は、不正アクセスや脆弱性攻撃によりユーザーに生じた損害について、いかなる責任も負いません。
    • (4) 当社は、本サービスのアクセス不能、障害又はバグの発生等の瑕疵及び仕様不備についていかなる責任も負いません。
    • (5) 当社は、通信回線、ソフトウェア、ハードウェアなどのパフォーマンスの低下、障害、不正アクセスにより、本サービスのシステムの中断・遅延・中止等によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。
    • (6) 本サービスに関し、ユーザー間、事業者とユーザーとの間又はユーザーと第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザーは、当社にこれを通知のうえ、自己の責任と費用において解決するものとします。当社は、紛争に関与する義務を負わず、何ら責任を負わないものとします。
    • (7) 当社は、上記の各項目の他、本サービスの利用に関して又は本サービスを利用できなかったことに関してユーザーに生じた損害についていかなる責任も負いません。

第13条(本サービスの提供の停止等)

  • 1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本アプリの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
    • (1) 本アプリにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
    • (2) 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本アプリの提供が困難となった場合
    • (3) コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
    • (4) その他、当社が本アプリの提供が困難と判断した場合
  • 2. 当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について一切の責任を負わないものとします。
  • 第14条(利用停止等)

  • 1. 当社は、ユーザーが下記のいずれかの事由に該当したとその裁量により判断した場合、事前の通知なく、本サービスの一部又は全部の利用停止措置やアカウント登録の抹消を実施する場合があります。ユーザーは当社のとった措置に対して理由の開示要求や異議申立てをすることはできません。
    • (1) 本規約に違反したとき
    • (2) 当社に提供した情報の全部又は一部につき虚偽又は不正確な事実があることが判明したとき
    • (3) 不法行為を行い、又は法令等に違反したとき
    • (4) 反社会勢力等もしくは反社会的活動を行う団体に所属、又は資金提供や経営に関係するなどこれらと関係を有すると当社が判断したとき
    • (5) 虚偽の内容を記載・投稿したと当社がその裁量により判断したとき
    • (6) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始の申立てを行うか、第三者から申立てを受けたとき、差押、仮差押、仮処分又は滞納処分を受け、その他ユーザーの信用が著しく悪化する事態が生じたとき
    • (7) 銀行取引停止処分を受けたとき
    • (8) 本サービスの利用において誠実な対応や義務の履行がなされなかったとき
    • (9) 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して20日間以上応答がない場合
    • (10) 当社又は本サービスの信用を毀損し、又は当社の営業を妨害したとき
    • (11) 他のユーザー、事業者、第三者とのトラブル、クレーム又は違反報告が当社の定める一定の基準に到達したと当社が判断したとき
    • (12) その他当社がユーザーとして相応しくない、又は継続して本サービスを利用するに相応しくないと判断したとき
  • 2. ユーザーは、本条による利用停止等の後も、当社、事業者及び第三者に対する本規約上の一切の義務及び債務(損害賠償債務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
  • 3. 当社は、ユーザーが第1項各号に該当し又は該当するおそれがあると当社が判断した場合その他当社が必要と認める場合には、ユーザーに対し、違反行為の中止、送信又は投稿した情報の自発的な削除・訂正等を求めることがあり、ユーザーは、当社が求める期間内に当社の求めに応じるものとします。
  • 4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた不利益や損害について一切の責任を負いません。
  • 第15条(反社会的勢力の排除)

    • 1. ユーザーは、当社に対して、自らが、以下の各号に定める者(以下「反社会的勢力」という。)に該当していないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し保証するものとします。
      • (1) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年五月十五日法律第七十七号。その後の改正を含む。)第2条において定義される。)
      • (2) 暴力団の構成員(準構成員を含む。以下、同じ。)、もしくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者
      • (3) 暴力団関係企業または本項各号に定める者が出資者もしくは業務執行について重要な地位にある団体もしくはこれらの団体の構成員
      • (4) 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団またはこれらの団体の構成員
      • (5) 暴力団または暴力団の構成員と密接な関係を有する者
      • (6) 前各号に準ずる者
    • 2. ユーザーは、当社に対して、現在かつ将来にわたって、以下の各号のいずれにも該当しないことを表明し保証するものとします。
      • (1) 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に損害を加える目的をもってするなど、反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
    • 3. ユーザーは、当社に対して、自らまたは第三者をして以下の各号のいずれかに該当する行為および該当するおそれのある行為を行わないことを誓約するものとします。
      • (1) 暴力的な要求行為
      • (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
      • (3) 取引に関して、脅迫的な言動を行い、または暴力を用いる行為
      • (4) 風説を流布し、偽計または威力を用いて、当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為。
      • (5) 反社会的勢力が役職員等となり、または前項各号に該当する行為。
      • (6) 前各号に準ずる行為。
    • 4. 当社は、今後、本条1項および2項に規定する表明および保証事項が虚偽もしくは不正確となる事由が判明もしくは発生し、もしくは発生すると合理的に見込まれる場合、または本条第3項に規定する誓約に違反する事由が判明もしくは発生した場合には、通知、催告その他の手続きを要することなく、直ちに、ユーザーとの契約の全部又は一部を解除し、あるいは本サービスの中断、アカウントの停止などの措置をとることができるものとします。
    • 5. 本条による解除、本サービスの中断、アカウントの停止によって、当社は、ユーザーに対する補償請求は何ら妨げられないものとします。
    • 6. 当社は、本条による契約の解除、本サービスの中断、アカウントの停止によってユーザーに損害が発生した場合でも、その一切の責任を負わないものとします。

    第16条(知的財産権)

    • 1. 本サービスに関する知的財産権、営業秘密等の一切の権利は、全て当社又はその他権利者に属し、ユーザーは、当社又はその他権利者の事前の書面による許諾なくして自ら利用し又は第三者に利用させることはできません。
    • 2. ユーザーと他のユーザー、事業者又は第三者との間で、知的財産権に関する問題・紛争が発生した場合、ユーザーは、自己の責任と費用において、問題・紛争を解決し、当社に何らの迷惑又は損害を与えないものとします。

    第17条(外部サービス)

    • 1. 本サービスはGoogle社の提供するGoogleマイビジネス、Facebook、Twitter等の外部サービスと連携してサービスを提供することがあります。
    • 2. 外部サービスと連携したサービスを利用する場合は、ユーザーは、自らの責任において外部サービスを利用するものとします。外部サービスの仕様によっては、外部サービス上に投稿内容が表示される場合がありますが、当社は外部サービス上の投稿内容について編集又は削除する義務を負いません。
    • 3. ユーザーは、本サービスと連携した外部サービスを利用する場合、連携事業者及び外部サービスの各規約に従うものとします。
    • 4. 当社は、いつでも本サービスと外部サービスの連携を変更・中断・中止することができるものとします。
    • 5. ユーザーが外部サービスを利用したこと又は本サービスと外部サービスの連携が変更・中断・中止されたことによりユーザーに生じた問題・損害につき、当社は、一切の責任を負いません。

    第18条(損害賠償)

    • 1. ユーザーによる本規約違反行為その他本サービスの利用に起因して、当社に直接又は間接の損害が生じた場合(当該行為が原因で、当社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、ユーザーは、当社に対し、その全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
    • 2. 当社は、債務不履行、不法行為その他法律上の請求原因の如何を問わず、本サービス又は本規約に関連してユーザーが被った損害について、当社の故意又は重過失に起因する場合を除き、賠償する責任を一切負わないものとします。なお、当社の故意又は重過失に起因する場合又は消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の責任は、当社の債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ当該事由が生じた日から過去6ヶ月間に当該ユーザーが当社に支払った利用料金の総額(支払総額がゼロの場合は1,000円)を上限とします。

    第19条(紛争処理)

    • 1. 本サービスでは、事業者とユーザーとの間において全ての契約が成立するものとします。事業者とユーザー間の商品券の売買契約に関し、当社はいかなる責任も負いません。
    • 2. 事業者とユーザーとの間で紛争が発生した場合、当事者間で紛争を解決するものとし、発生した損害や紛争の処理について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 3. 前項の紛争により、当社又は第三者に損害が生じた場合、事業者とユーザーは連帯して、当社及び第三者に対して、損害を賠償するものとします。
    • 4. 本サービスの利用に関連し、ユーザーが他のユーザー、事業者又は第三者からクレームや本規約の違反報告を受けた場合、直ちに当社に通知し、ユーザーの責任と費用によって解決するものとします。
    • 5. ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が、他のユーザー、事業者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合、ユーザーは、請求に基づき当社が相手方に支払いを余儀なくされた費用(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)や賠償金を支払う義務を負うものとします。

    第20条(退会)

    ユーザーは、当社の定める退会手続により、本サービスから退会できるものとします。

    第21条(サービス内容の変更等)

    当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

    第22条(本サービスの終了)

    当社は、本サービス終了日の30日前までに、ユーザーに対して、書面、電子メールで通知又は当社ウェブサイト上で公表することにより、本サービスを終了することがあります。本サービスの終了によってユーザーに生じた損害につき、当社は一切の責任を負わないものとします。

    第23条(事業譲渡等)

    当社は、本サービス及び関連する事業を他社に譲渡した場合(会社分割による場合も含みます。)、本規約に基づく権利義務、契約上の地位、アカウント登録情報等の本サービス上の情報を譲受人に譲渡できるものとします。本条の定める内容について、ユーザーは予め合意したものとします。

    第24条(分離可能性)

    • 1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が法令上無効であるとされた場合であっても、無効とされた条項以外の本規約に定める条件については、引き続き有効なものとして適用されるものとします。当社及びユーザーは、無効とされた条項の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに、修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。
    • 2. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

    第25条(通知または連絡)

    ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。当社は、ユーザーから、当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして登録された連絡先へ通知または連絡を行い、これらは、発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

    第26条(準拠法・裁判管轄)

    • 1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
    • 2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

    2022年8月22日制定